ページの本文へ

Hitachi

ARTICLEお役立ちコラム

物品管理

QRコード管理で業務効率化。おすすめのアプリやRFIDとの比較も解説

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

在庫管理を正確に行うことは、企業活動を行う上で必須です。バーコードやQRコードはリアルタイムで在庫管理ができ負担を減らします。...

バーコードが1次元コードに対して、QRコードは2次元コードを使用しています。コードの隅に3つの目印を置くことで、素早く認証でき上下・左右の認証を可能にしました。

RFID管理で物品管理の時間を大幅カットできる?シーン別の事例もご紹介

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

RFID(Radio Frequency Identification)管理というものをご存知でしょうか。RFID管理とは近距離無線通信を用いた自動認識技術のことで、非接触でICタグを読み取り、商品を管理するシステムです。...

「人に付けた」RFID管理の活用事例としては交通系ICカードやETCカード、入退室記録用のICカード、車のスマートキーなどが広い意味で当てはまります。そう聞くと、少し身近なものに感じられるのではないでしょうか。 今回の記事では「物に付けた」RFID管理の仕組みやメリットについてご紹介します。

在庫管理とは?基本と実施メリット、おすすめ方法までご紹介

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

在庫管理は企業の維持に欠かせない必要な工程の1つです。資材や商品が足りているのか、必要な場所に必要なときに供給できているのか。良いサービスを提供するうえでも、必ず在庫を管理しなければなりません。...

在庫管理と聞くと難しいイメージが湧きますが、簡単にいうと資材や商品などを、必要な量、必要な場所に、必要なときに届けることをいいます。在庫管理は企業を支える大事な工程の1つで、在庫管理がきちんと行われていないと企業の経営が傾いてしまう可能性があります。そのため、在庫管理をするうえではシステム化してスムーズに効率よくできるようにしなければなりません。

貸出管理を効率化!おすすめの貸出管理の方法を紹介

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

貸出管理は、商品やサービスの貸出や返却状況を調べるうえで必要な管理です。図書館を例にすると、どの本が貸し出されていて、どの本が期日までに返却されているのかを管理します。ほかにも、レンタカー事業者ならば、車の貸出と返却を管理します。...

貸出管理は貸出と返却の管理をすることをいいます。では具体的にどのような物を管理するのでしょう。貸出管理はほとんどの企業で行われていることであり、しっかりと管理されていないと備品が紛失してしまう恐れがあります。

備品管理システムを導入すべき理由とおすすめのシステム

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

備品はどの会社にもありますが、ものによって業務上に大きな影響を与える備品もあるので、きちんと管理する必要があります。備品管理がしっかりされていると棚卸業務が楽になることや、無駄な備品の購入が減ることなど、会社のメリットが増えます。...

備品管理とはどのような作業のことを言うのでしょう。これから、備品管理の手順とポイントを紹介します。

病院の物品管理はどのようにする?おすすめのシステムを紹介

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

物品管理は企業内の機材や整備品など消耗材を管理することをいいますが、病院の場合は医療に使う消耗材を管理します。どこで何を使ったのか、棚卸は問題なくされているのか、膨大な量を常に管理しなければならないので非常に大変です。...

病院の物品管理は簡単にいえば物品の在庫管理です。病院内で使用されるさまざまな物品の在庫管理を行います。病院の物品管理は、供給と管理を一元化して円滑にするために必要なことで、使用期限が過ぎないように期限の管理や発注の調整などを行います。

固定資産管理とは?業務内容や管理方法までの基本を解説

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

固定資産管理は企業が建物や出資金、ソフトウェアなどの管理を行うことをいいます。固定資産は販売目的ではなく、企業を維持するうえで欠かせない資産なので、常に管理が必要です。とはいえ、固定資産が多ければ多いほど、管理するのが難しいのが現実です。...

固定資産の管理とはどのようなことを言うのでしょう。これから詳しく解説します。固定資産とは事業を行う上で1年を超える長期にわたって使用するもので、投資目的や長年保有する資産のことをいいます。固定資産には有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産の3つに分類されます。

備品管理をエクセルで行うメリット・デメリットとは?システム活用の利点もご紹介

物品管理システム

  • 2022.10.01
  • 2022.10.01
  • 物品管理システム

備品管理はほとんどの企業にも欠かせない業務です。多くの企業では備品管理にエクセルを使用していますが、場合によっては最適な方法でないというケースもあります。この記事では、備品管理をエクセルで行うメリット・デメリットをご紹介します...

会社では、オフィス用品や生産に必要な副資材など多種多様な備品を取り扱っています。備品管理とはそれらすべての備品を、統合管理することです。具体的には備品ごとの保管場所、在庫数、最終購入日、利用状況などの情報を管理するのが一般的です。

備品管理のコツ!台帳の作り方から運用ルールのポイントをご紹介

物品管理システム

  • 2022.10.01
  • 2022.10.01
  • 物品管理システム

業務効率がアップするような備品管理を行うコツは「台帳作り」にあります。正しい方法で備品管理台帳を作成すれば、管理しやすい台帳になり組織全体で業務効率アップなどを実現します。また、正しい運用ルールを設けることも大切です。...

備品管理台帳とは、備品管理を効率良く行うために作成する台帳(シート)のことです。社内には多くの備品があり、その種類も多岐にわたります。それらの備品管理を感覚的に行っているだけでは、企業はさまざまなリスクを抱えることになるため注意が必要です。

固定資産管理システムとは?基本機能と失敗しない選び方を解説

物品管理システム

  • 2022.10.01
  • 2022.10.01
  • 物品管理システム

減価償却を正しく行い、正確な会計情報を得て、固定資産税を把握するために「固定資産管理」は欠かせない業務です。しかし、社内に点在する固定資産すべてを徹底的に管理するとなると、紙やエクセルでの管理では業務に支障をきたす恐れがあります。そこで導入を検討すべきなのが「固定資産管理システム」です。...

固定資産管理システムとは、企業が保有している固定資産の現物管理や減価償却、会計・税務上の計算などの処理を行うためのシステムです。

固定資産管理台帳とは?現物台帳との違いや作成方法、記入例をご紹介

物品管理システム

  • 2022.10.01
  • 2022.10.01
  • 物品管理システム

減価償却や税申告を正しく行うためには、固定資産の取得日や取得価額、現在の状況などを細かく管理しなければいけません。その方法の1つとして挙げられるのが「固定資産管理台帳」です。...

固定資産管理台帳とは、企業が所有している固定資産を細かく管理するための台帳です。一般的にはエクセルなどの表計算ソフトで作成・管理されることが多いです。固定資産管理では社内の資産情報を管理しながら、資産の所得日や取得価額、耐用年数や減価償却の方法などを知る必要があります。これらは正しい会計処理と、税務申告に欠かせない要素です。

固定資産台帳はなぜ必要?エクセルでの作り方や、メリット・デメリットを解説

物品管理システム

  • 2022.10.01
  • 2022.10.01
  • 物品管理システム

企業が保有している固定資産を細かく管理するために「固定資産台帳」は欠かせません。一方で、単に管理する以外にも固定資産台帳を使う目的があります。...

そもそも固定資産管理とは、企業が保有している固定資産を細かく管理するための業務です。ソフトウェアや特許権、商標権、営業権などの無形物も固定資産に含まれます。取得価額が10万円未満/1単位のものは経費処理となります。ただし、特例によって30万円未満までのものを経費処理できるケースもあり、取得した物品に応じて固定資産に該当するか否かを確認することが大切です。

RFIDの導入で棚卸、備品管理はどう変わるのか?【導入事例あり】

物品管理システム

  • 2022.10.01
  • 2022.10.01
  • 物品管理システム

RFIDの登場により、棚卸業務が大きく変化しました。従来は手作業で一つひとつチェックしながらバーコードリーダーで読み取っていた備品データでしたが、RFIDがあれば離れた場所からも範囲内にある備品データを一挙に読み取ることができます。...

RFIDは「Radio Frequency Identification」の略称で、無線電波を使ったIDタグのことです。名前だけ聞くと馴染みのない技術のように感じますが、交通系ICカードのSuicaなどもRFIDの一種であり、意外と身近に存在している技術です。RFIDにはさまざまなデータを記録できます。物品名や個数、型番ナンバーなど備品管理に必要な情報はすべてRFIDで管理されるため、これをハンディターミナルで読み取ることで棚卸業務などを効率化できるわけです。