ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

ARTICLEお役立ちコラム

【徹底解説】ファイル共有のパスワード設定方法 情報を安心・安全に!

グローバルセキュアデータ転送サービス

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • グローバルセキュアデータ転送サービス

ファイル共有は複数の人が同時に情報を閲覧できるため、セキュリティに高い意識を持つ必要があります。安全にファイル共有を行うためには、正しいパスワードの設定が有効です。...

ファイル共有が必要な理由は、ファイルを共有することで複数人が協同して効率的に業務を行うためです。1つの場所にファイルを置いて複数人で同じ情報を閲覧・編集することで、情報の紛失やミスがなく正確な業務を行えます。正しいファイル共有の方法を学び、効率的でミスがない業務を目指しましょう。

ファイル送信に使えるサービス5分類を比較!セキュリティを高める方法も解説

グローバルセキュアデータ転送サービス

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • グローバルセキュアデータ転送サービス

社内でデータを共有したり、クライアントに資料を送ったり、ファイル送信をする機会は多いのではないでしょうか。しかしファイル送信方法には、さまざまなものがあり、それぞれ長所や短所が異なります。...

普段使っている「メールソフト」に、ファイルを添付して送信することができます。メールでのファイル送信の一番のメリットは、手軽さです。しかし、メールでのファイル送信は、メールサービスにもよりますが、最大でも30MB程度のファイルしか送れないという制約があります。

ファイル転送サービスの後悔しない選び方とは?おすすめのサービス10選紹介

グローバルセキュアデータ転送サービス

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • グローバルセキュアデータ転送サービス

この記事では、ファイル転送サービスを使うメリットとデメリットや、ファイル転送サービスを選ぶ際の注意点について説明していきます。また、おすすめのファイル転送サービスも特徴と併せて紹介します。

「ファイル転送サービス」とは、インターネットを通してファイルを送るサービスです。ファイル転送サービスには、「個人向け」と「企業向け」があります。個人向けファイル転送サービスは、「無料」で利用できるものも多くありますが機能面やセキュリティ面で有料サービスに劣る部分があります。企業向けのファイル転送サービスは、ほとんどが有料です。その代わり、機能が充実していてセキュリティ面も安心できます。いきなり有料サービスを使うことが不安という場合は、「無料トライアル」を実施しているサービスを試してみましょう。

メールが無理なら!大容量ファイル送信サービス13選とおすすめの選び方

グローバルセキュアデータ転送サービス

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • グローバルセキュアデータ転送サービス

「データが重すぎて資料や画像をメールで送信できない」という場合、大容量ファイル送信サービスが役立ちます。有料または無料のサービスがありますが、フリーサイトでも500MB以上のデータを送信できる場合も珍しくありません。...

大容量ファイル送信サービスにはさまざまな種類があります。それぞれ料金の違いや送信可能なデータ容量、転送速度などが異なるため、まず選定ポイントを設定し、予算や目的に合わせて選びましょう。以下でご紹介する4項目が選定ポイントとなります。

大容量ファイルを安全に送信 | データをクラウド上で共有!?

グローバルセキュアデータ転送サービス

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • グローバルセキュアデータ転送サービス

テレワークが急速に広まった昨今、業務上必要なデータのやり取りをリモートで行う必要性も増しています。これまでは、データの受け渡しに社内サーバーやUSBメモリなどを利用できましたが、テレワーク環境ではクラウドサービスなどの代替手段を検討する必要があります。...

「大容量のファイルを送りたい」という時に一般的に用いられるのがファイル転送サービスです。メールに添付できない大きな容量をウェブを通じて送ることができる便利なサービスです。

秘密分散技術とは?暗号化との違いとサービス例を解説

グローバルセキュアデータ転送サービス

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • グローバルセキュアデータ転送サービス

秘密分散という言葉を聞いたことがあるでしょうか。秘密分散技術とは、これまでセキュリティ技術の基本となっていた暗号化技術に変わるものとして注目されている技術です。...

情報漏えい対策として暗号化技術が使われることが一般的です。暗号化技術とは、データをアルゴリズムに沿って符号化し、内容を読み取られないようにする技術です。しかし一度データが盗まれると解読されてしまう可能性があります。

「PPAP」とは?今すぐ禁止すべき理由とその対策

秘密分散 フォー メール

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 秘密分散 フォー メール

2020年11月、平井卓也デジタル改革相が中央省庁でPPAPを廃止する方針を示しました。官庁に続く形で民間企業でもPPAPの廃止検討が始まっています。日本で「PPAP」と呼ばれているこのセキュリティ運用ルールについて、名前の由来からその問題点、代替手段を見ていきましょう。

コロナ禍による影響でテレワークが今まで以上に広く普及し、オンラインでのファイルのやり取りはもはや当たり前のものとなっています。オンラインファイル共有は時間がかからず、手順も単純であることから日常的に利用されていますが、その一方で課題もいくつか存在しています。セキュリティ対策はその課題の一つであり、そのルールの一つに「PPAP」と呼ばれているものがあります。

ZIPを暗号化する際に気にしたい強度とは。暗号化のメリット・デメリットも紹介

秘密分散 フォー メール

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 秘密分散 フォー メール

サイズの大きなファイルのデータを圧縮できるZIP。定番圧縮ツールのZIPファイルを送付する際、パスワードを設定できる機能、いわゆる「暗号化」を利用しているユーザーがほとんどです。しかし、暗号化の強度に不安を抱く方も多いのではないでしょうか?...

ファイルサイズを縮小できるZIPは現在主流となっている圧縮形式の1つで、拡張子は「.ZIP」です。Windowsだけではなく、MacOSやLinuxなど多数のオペレーティングシステムで利用できるため、ネットワーク経由で送付および拡散する際に幅広い分野で使用されています。

PPAPって何?パスワード付きZIPファイルの作り方と代替手段

秘密分散 フォー メール

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 秘密分散 フォー メール

2020年11月、平井卓也デジタル改革担当大臣は、パスワード付きZIPファイルを廃止する意向を示しました。いまだ企業に根強く残っているメールにパスワード付きZIPファイルを添付してデータを送付する慣習にはどのような問題があるのでしょうか?...

パスワード付きZIPファイルとは、例えば取引先などへ送るデータにおいて、圧縮されてパスワードが設定されているファイルのことです。データを送りたいときに、ZIPファイルをPC等で作成して、パスワードを設定する(暗号化)という流れで生成されます。この方法は、添付ファイルが暗号化されているため、従来は情報漏えいからデータを守るセキュリティ対策として認知されていました。

メールセキュリティの種類や導入のメリットを紹介 | おすすめのサービスもあわせて紹介

秘密分散 フォー メール

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 秘密分散 フォー メール

新型コロナウイルスの流行の影響によりテレワークの導入が進んでいますが、テレワークにおいて機密情報を含むデータのやり取りをするうえでは、セキュリティ対策は欠かせません。...

現在、業務において社内外とメールを利用したコミュニケーションを取ることは当たり前となっています。一方で、これだけメールが一般化したことで、メール送受信の隙をついたセキュリティ脅威も多様化・高度化しています。ここでは、メールを取り巻く脅威について代表的なものを紹介します。

メールの暗号化とは?仕組みや重要性、主要メーラーでの暗号化設定まで解説!

秘密分散 フォー メール

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 秘密分散 フォー メール

「メール暗号化って何?」、「メールの暗号化ってどうやるの?」など、セキュリティを意識したデータ共有を考えたとき、このような疑問をお持ちになったことはありませんか?...

メールの暗号化は、大切なデータを意図していない第三者にアクセスされないように保護することを指します。インターネット上に潜む脅威といえば、なりすまし、盗聴、改ざんなどがあります。

メール誤送信の原因と対策とは。インシデント後の対処法も紹介

秘密分散 フォー メール

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 秘密分散 フォー メール

国内のセキュリティインシデントで、メール誤送信は増加傾向が続いています。メール誤送信は、個人の信用を失うだけではなく会社の事業運営にまで影響してしまう場合もあります。企業にとってはセキュリティ対策において最も重要な課題の一つでしょう。

メール誤送信を、誰にでもあるミスと軽い認識で見てはいけません。 内容によっては会社に大損害を与えるからです。仕事においてメールでのやり取りは多くあります。メールは、社内・社外ですぐに情報の共有ができる便利なツールです。その反面、トラブルにつながる危険性も持ち合わせています。

メール添付ファイルにパスワードは必要?意味とやり方について解説します。

秘密分散 フォー メール

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 秘密分散 フォー メール

会社などで取引先とのメールやり取りの際に、添付するファイルにパスワードを付けて送るという慣習が義務付けられているところも多いのではないでしょうか。...

ここでは、メール添付ファイルにパスワードが必要な理由について、3つの観点から説明していきます。なぜメール添付ファイルにパスワードを付ける必要があるのかを理解することで、セキュリティについての意識を高めていきましょう。

本当に無意味?添付ファイル暗号化の必要性と安全なファイル送信方法

秘密分散 フォー メール

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 秘密分散 フォー メール

添付ファイルを暗号化してメールを送信することで、外部からメールを盗聴されるリスクを抑えられます。しかし、ハッキングや不正アクセスの手口が高度化する昨今、「パスワードと暗号化ファイルを別送信しても無意味で、むしろリスクが高まる」といった指摘もあります。...

2020年6月、ドメイン登録サービスを運営する「お名前.com(GMOインターネット)」に不正アクセスがあり、同サービスを利用する仮想通貨取引所コインチェックやビットバンクなどが被害を受けました。その結果、ユーザーから取引所へ送信されるメールが盗聴され、個人情報や金融資産情報の流出へと発展しています。

メールに添付する添付ファイルの情報漏えい | 情報漏えい対策についても説明

秘密分散 フォー メール

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 秘密分散 フォー メール

テレワークが急速に普及している現在、メールに添付ファイルを付けて送付するのが一般的となりました。しかし、添付ファイルを送信するということは、外にデータを出すという行為です。そこで情報の漏えいが心配になってきます。...

オフィスで利用するPCにはさまざまな情報が保存されています。メールに添付するファイルについて情報漏えいのリスクも考えなくてはなりません。メールに添付ファイルを付けて送信することで起こる情報漏えいについて、「送信者側の過失」「第三者・外部の故意によるもの」の2つの観点で見ていきましょう。

PCの社外持ち出しによる4大リスクと対策方法。PC持ち出し許可申請書の作り方も解説

ZENMU Virtual Desktop

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • ZENMU Virtual Desktop

営業や出張で会社支給のPCを社外に持ち出すことも珍しくありません。昨今はコロナ禍の影響もあり、リモートワークやサテライトオフィスで仕事をする機会もさらに多くなり、PCを社外持ち出しするケースは増加傾向にあります。...

これまで営業や出張によってPCを社外に持ち出す機会はありましたが、最近はテレワークやサテライトオフィスでの社外業務も増え、いままで以上に情報漏えいリスクが高まっています。対策を練るために、まず情報漏えいの原因から探っていきましょう。

【解説】シンクライアントとVDI(デスクトップ仮想化)の違いとは

ZENMU Virtual Desktop

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • ZENMU Virtual Desktop

テレワークを行う上で、「シンクライアント」と「VDI」という言葉を耳にされたことはありませんか? 共に社内のコンピュータ環境をセキュアに利用するための仮想デスクトップの仕組みです。

世の中にワークスタイル改革が広まった際に注目され始め、最近のコロナ禍で再度注目されているリモートワーク、このリモートワークのツールとして利用拡大が進んでいるのが、「VDI(デスクトップ仮想化)」です。「VDI」とはオフィス外からセキュアに業務PCを利用する仕組みですが、かつて同様の仕組みで「シンクライアント」というプロダクトが注目された時期がありました。VDIとシンクライアント、どう違うのでしょうか?2つの違いについて詳しく解説します。

VDIはなぜ高セキュリティと言われるのか?その理由を検証

ZENMU Virtual Desktop

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • ZENMU Virtual Desktop

テレワーク時代が到来してから、注目されているVDI。注目されている理由のひとつに「高セキュリティ」が挙げられます。シンクライアントの中でも高いセキュリティレベルを確保できるといいますが、本当でしょうか?...

コロナ禍において企業のテレワーク導入が加速するのに合わせ、VDI導入、利用も増加しています。仮想デスクトップと言われるVDIは、シンクライアントの中でも高いセキュリティレベルを確保できることが選定される理由だと言われていますが、果たして本当でしょうか?リモート環境からの利用で懸念されるセキュリティ上の課題を解決できることが、VDIが選ばれる理由です。本記事では、VDIが高セキュリティ環境と言われる理由について説明します。

VDIとリモートデスクトップの違いについて徹底解説

ZENMU Virtual Desktop

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • ZENMU Virtual Desktop

リモート接続利用という意味ではよく似ている「VDI」「リモートデスクトップ接続」、その違いを明確に説明できる方は少ないのではないでしょうか?ここでは2つの環境の違いとおのおのの最適な利用シーンについて解説します。

コロナ禍により企業のテレワーク導入が一般化しつつあるなか、リモートツールの一つとしてVDI導入が加速してきています。このVDI、遠隔地から社内にあるOSにアクセスする、という意味ではリモートデスクトップと同じように見えます。それではVDIとリモートデスクトップ、いったいどう違うのでしょうか?この記事では2つの違いと最適な利用シーンについて解説します。

データレスPCとは?その仕組みについて徹底解説

ZENMU Virtual Desktop

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • ZENMU Virtual Desktop

テレワークツールの一つとしてVDIと共に注目されているデータレスPC、どのようなものかご存じでしょうか?データレスPCの仕組みやシンクライアントとの違いなど、詳しく知っている方は少ないのではないかと思います。本記事では、データレスPCの仕組み、シンクライアントとの比較やメリット・デメリットについて詳しく解説します。...

コロナ禍によるテレワークが広がるなか、企業へのシンクライアント導入が急速に広がっています。主流はVDIですが、ここ最近「データレスPC」と呼ばれるサービスが始まりました。VDI同様、データレスPCもテレワークで利用できる高セキュリティなデスクトップ環境という点では同じようです。 一体、データレスPCとはどのようなものなのでしょうか?VDIとの違いも含め、解説します。

シンクライアントとは? テレワークで必須となる理由を徹底解説

ZENMU Virtual Desktop

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • ZENMU Virtual Desktop

コロナ禍により急速に導入が進められているテレワーク制度、ニューノーマルな働き方のスタイルとして定着しつつあります。このテレワークと一緒に利用拡大が進んでいるのがシンクライアント、リモート環境においてセキュアにIT環境を利用するためには必須のアイテムといえます。

テレワークで導入が拡大しているシンクライアントですが、一体どのようなものか?皆さん正しい定義をご存じでしょうか?使っている方の中にも社外から使う会社のPCの仕組み、と理解している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

3つの観点から探るテレワークのセキュリティ対策方法

ZENMU Virtual Desktop

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • ZENMU Virtual Desktop

2018年に成立した「働き方改革関連法」や新型コロナウイルスの影響により、テレワークを導入する企業が増えています。東京都の「テレワーク導入率調査結果(2021年1月)」によると、新型コロナウイルスが広く認知され始めた2020年3月からわずか1カ月の間に、テレワーク導入率は約2.6倍に拡大しました。...

働き方改革や新型コロナウイルスの影響によりテレワークが推進されると同時に、徐々にセキュリティリスクも高まりつつあります。東京都の「テレワーク導入率調査結果」によると、2020年3月には24.0%だったテレワーク導入率が、次月には62.7%にまで拡大。上記のインシデント報告件数が急増したタイミングと重なります。

仮想デスクトップはテレワークに適している?メリットとデメリットを解説

ZENMU Virtual Desktop

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • ZENMU Virtual Desktop

新型コロナウイルスの流行もあり、多くの企業でテレワーク環境が作られつつあります。テレワークをするためのネットワークシステムにはさまざまなものがありますが、その中でも有力なのが「仮想デスクトップ方式」です。この記事では、テレワークに仮想デスクトップ方式を利用する場合に、どんなメリットとデメリットがあるのかを詳しく説明していきます。...

「テレワーク」はアメリカで生まれた考え方で、英語では「Telework」と表記します。Teleは「遠い」を、workは「仕事」を意味します。つまりテレワークとは、「会社のオフィス」以外の離れた場所で仕事をすることです。さらに最近ではテレワークの一種として、休暇(バケーション)をしながら働く「ワーケーション」という働き方も出てきています。

QRコード管理で業務効率化。おすすめのアプリやRFIDとの比較も解説

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

在庫管理を正確に行うことは、企業活動を行う上で必須です。バーコードやQRコードはリアルタイムで在庫管理ができ負担を減らします。...

バーコードが1次元コードに対して、QRコードは2次元コードを使用しています。コードの隅に3つの目印を置くことで、素早く認証でき上下・左右の認証を可能にしました。

RFID管理で物品管理の時間を大幅カットできる?シーン別の事例もご紹介

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

RFID(Radio Frequency Identification)管理というものをご存知でしょうか。RFID管理とは近距離無線通信を用いた自動認識技術のことで、非接触でICタグを読み取り、商品を管理するシステムです。...

「人に付けた」RFID管理の活用事例としては交通系ICカードやETCカード、入退室記録用のICカード、車のスマートキーなどが広い意味で当てはまります。そう聞くと、少し身近なものに感じられるのではないでしょうか。 今回の記事では「物に付けた」RFID管理の仕組みやメリットについてご紹介します。

在庫管理とは?基本と実施メリット、おすすめ方法までご紹介

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

在庫管理は企業の維持に欠かせない必要な工程の1つです。資材や商品が足りているのか、必要な場所に必要なときに供給できているのか。良いサービスを提供するうえでも、必ず在庫を管理しなければなりません。...

在庫管理と聞くと難しいイメージが湧きますが、簡単にいうと資材や商品などを、必要な量、必要な場所に、必要なときに届けることをいいます。在庫管理は企業を支える大事な工程の1つで、在庫管理がきちんと行われていないと企業の経営が傾いてしまう可能性があります。そのため、在庫管理をするうえではシステム化してスムーズに効率よくできるようにしなければなりません。

貸出管理を効率化!おすすめの貸出管理の方法を紹介

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

貸出管理は、商品やサービスの貸出や返却状況を調べるうえで必要な管理です。図書館を例にすると、どの本が貸し出されていて、どの本が期日までに返却されているのかを管理します。ほかにも、レンタカー事業者ならば、車の貸出と返却を管理します。...

貸出管理は貸出と返却の管理をすることをいいます。では具体的にどのような物を管理するのでしょう。貸出管理はほとんどの企業で行われていることであり、しっかりと管理されていないと備品が紛失してしまう恐れがあります。

備品管理システムを導入すべき理由とおすすめのシステム

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

備品はどの会社にもありますが、ものによって業務上に大きな影響を与える備品もあるので、きちんと管理する必要があります。備品管理がしっかりされていると棚卸業務が楽になることや、無駄な備品の購入が減ることなど、会社のメリットが増えます。...

備品管理とはどのような作業のことを言うのでしょう。これから、備品管理の手順とポイントを紹介します。

病院の物品管理はどのようにする?おすすめのシステムを紹介

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

物品管理は企業内の機材や整備品など消耗材を管理することをいいますが、病院の場合は医療に使う消耗材を管理します。どこで何を使ったのか、棚卸は問題なくされているのか、膨大な量を常に管理しなければならないので非常に大変です。...

病院の物品管理は簡単にいえば物品の在庫管理です。病院内で使用されるさまざまな物品の在庫管理を行います。病院の物品管理は、供給と管理を一元化して円滑にするために必要なことで、使用期限が過ぎないように期限の管理や発注の調整などを行います。

固定資産管理とは?業務内容や管理方法までの基本を解説

物品管理システム

  • 2021.04.01
  • 2021.04.01
  • 物品管理システム

固定資産管理は企業が建物や出資金、ソフトウェアなどの管理を行うことをいいます。固定資産は販売目的ではなく、企業を維持するうえで欠かせない資産なので、常に管理が必要です。とはいえ、固定資産が多ければ多いほど、管理するのが難しいのが現実です。...

固定資産の管理とはどのようなことを言うのでしょう。これから詳しく解説します。固定資産とは事業を行う上で1年を超える長期にわたって使用するもので、投資目的や長年保有する資産のことをいいます。固定資産には有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産の3つに分類されます。

お問い合わせ・資料請求

0120-66-7494

※お急ぎの場合は専用ダイヤルまで。

受付時間:9:00~12:00 / 13:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・当社休日は除く)