ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

私たち日立システムズエンジニアリングサービスは、事業ブランドとしてHuman*ITを掲げ、「多彩な人財と、先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによって、新たな価値を創造していく」ことを追求してきました。近年、当社の事業活動における価値創造のベクトルは経済的課題と社会課題の解決にあり、日立製作所(以下、日立)、日立システムズとともにSDGsの目標達成に貢献するさまざまなビジネスを展開しています。

すべての人に健康と福祉を 健康で安心して暮らせる社会の実現に向けて

日立は日々の社会におけるさまざまな課題を明らかにし、またこれに取り組むことで、人々のQuality of Lifeの向上をめざしています。この取り組みの中で、ヘルスケアは社会を支える必要不可欠なインフラと位置づけられます。私たちは、世界のすべての人がスマートユニバーサルケアを享受できるような次世代システムを創出し、ヘルスケア分野において大きな変化を起こしていくことが必要だと考えています。この実現には、ヘルスケアにおける社会イノベーションとデジタル化が鍵となります。デジタル技術、IoT(Internet of Things)、高度な解析技術の融合は、費用対効果の高い次世代ヘルスケアを支える医療イノベーションをもたらすことができます。

当社では、日立システムズが提供する「音声こころ分析サービス」や「疲労・ストレス測定システム」の開発や運用をサポートし、健康で安心して暮らせる社会の実現に貢献しています。

安全な水とトイレを世界中に 地域に根ざした水環境の実現に向けて

水は人々の社会生活に欠かせないものであり、送配水・水処理・水管理などが重要な役割を果たしています。日立は、上下水道事業体をはじめとして官民と協力して持続可能な水インフラを開発することで、効率的な水運用および水資源の適切な利用を実現し、すべての人々が安全・安心な水にアクセスできるように努めます。
日立は長年にわたり、水インフラ事業に取り組んでいます。幅広い実績と最新の技術を用い、水処理施設の監視制御や運転管理などを担うOT(Operational Technology)と、IoTや解析技術を用いた広域水運用などに代表されるITの両システムを融合して、浄水場、下水処理場および水の再利用設備といった重要インフラ施設を含めた、水環境トータルソリューションを提案します。

世界の国や地域が、それぞれ異なる水問題を抱えている中、日立は、地域のニーズに合わせたソリューションの設計、提供、および有効性の監視を実施していきます。日立の統合システムは、リアルタイムデータを水運用や水処理制御の効率化や最適化などに用いることで、さまざまな課題の解決に貢献していきます。当社では、日立システムズが公共事業のライフサイクルをトータルにサポートするソリューション「CYDEEN」の開発支援を通じて、公共事業の各業務をサポートしお客さまの業務効率化に貢献しています。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに 持続可能なエネルギー社会の実現に向けて

日立は、再生可能エネルギーを安定的かつ効率的に供給することが、より豊かで持続可能な未来をつくる上で重要なことの一つであると考えます。私たちは、エネルギー供給と地球温暖化対策のために、エネルギーバリューチェーンにおけるすべてのお客さまとの協創によるソリューション提案が有効だと考えています。

日立システムズグループではお客さまとの協創によってさまざまな再生可能エネルギープロジェクトに参画し、当社もシステム構築や運用の側面から貢献しています。

産業と技術革新の基盤をつくろう お客さまとの協創によるイノベーションに向けて

目標9の達成に向けては、さまざまな産業分野においてかつてないスピードでデジタライゼーションの進展がみられ、全世界にポジティブな影響を与えています。IoT、ビッグデータ、AI(人工知能)を活用して、産業界はさらに効率性を高め、持続可能なものへと変貌を遂げつつあります。日立は、OTとITの融合により、End to Endのバリューチェーン全体の情報を見える化・共有し、設計から調達・製造・流通・販売・物流・保守に至るまで、これまでの個別最適化ではなく全体最適化を実現します。

当社でも、お客さまとの協創を基本にしたイノベーション事例が生み出されています。官公庁向けの備品貸出管理、民間企業向けの固定資産・備品棚卸管理、車両製造工場向けの作業工具貸出管理などの作業をIoTを活用して高効率化、省力化に貢献しています。IoTの活用は「モノ」の管理にとどまらず人の位置検知にも展開し、製油工場内や冷凍倉庫内での人の位置検知によって安全で迅速な労務管理にも貢献しています。
当社はこれからも物品管理・位置検知サービスでお客さまの課題を解決していきます。

情報セキュリティ分野においても機密度が高く、繊細で精緻なデータを扱う医療機関や、大容量のCADデータなどを扱う製造業で導入され、強い信頼を得ているグローバルセキュアデータ転送サービスを提供しています。本サービスは、秘密分散技術を用いてデータを断片化し、さらに小型ピースに分割して実行します。これによってデータのセキュリティ面での安全性を保ちながら高速転送を可能にします。国内外拠点間のデータ転送にご活用頂き、物理輸送を抑制することによりCO2の排出低減に寄与します。また、漏洩リスクを低減することで企業のグローバルビジネスの展開にも貢献していきます。

一方では、私たちの日常生活に関わるサービスも提供しています。一般財団法人全国地域情報化推進協会が推進する地域情報プラットフォーム、総務省による「中間標準レイアウト」に準拠した日立自治体ソリューション「ADWORLD」は、自治体業務の最適化を目的とした各業務パッケージと付帯するサービスで、「住民と自治体と企業が連携した街づくり」を支援しています。
これからも住民情報に関わるサービスを中心として、行政手続きオンライン化など、自治体DXに向けた各種パッケージの開発、維持保守を推進し、住民サービス向上と行政サービス効率向上に貢献しています。

物品管理システム

固定資産棚卸作業の精度向上、効率向上をサポート

車両製造工場での工具管理をサポート

ビーコンソリューション

ビーコンを利用して物流倉庫での作業員管理などをサポート

グローバルセキュアデータ転送サービス

オフショア開発でのデータ転送をサポート

書類作成業務のBPOをサポート

住み続けられるまちづくりを 誰もが暮らしやすいまちづくりに向けて

私たちは、快適なまちづくりを進めることで、そこに住み、働く人々にとって理想的な環境を提供することをめざしています。日立は、スマートシティ・イニシアティブを通じて、都市化がもたらすさまざまな課題の緩和、コスト削減、資源依存の軽減を支援していきます。こうした取り組みは経済面や環境面でのメリットにとどまらず、人や社会の安全性や快適性を高めたり、ストレスを軽減したり、余暇をより有意義に過ごせたりするようになるなど、社会面においても大きな効果をもたらします。

お問い合わせ・資料請求

0120-66-7494

※お急ぎの場合は専用ダイヤルまで。

受付時間:9:00~12:00 / 13:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・当社休日は除く)