ページの本文へ

Hitachi

Synology

ストレージとソフトウェアが一体となった次世代ファイルサーバー。
BCP対策やウィルス対策、データ保護のバックアップソリューションなど、
スマートなデータ保存をご提供します。

Synology

お問い合わせ・資料請求

Synologyとは

ストレージとソフトウェア が一体となったマルチなアプライアンス製品です。
特にBCP対策やウィルス対策などデータ保護に必要なバックアップソリューションを
標準搭載しており、Synologyはその全ての機能を無償※1で提供いたします。

※1 Synology Plusシリーズ以上のNASでは、すべてのバックアップソフトを無償でご利用いただけます。詳細はお問い合わせください。

Synologyとは

社内のバックアップ運用において、
こんなご要望はありませんか?

Synologyなら、さまざまな課題もスマートに解決できます!

PCを丸ごとバックアップして、従業員のローカルデータを保護したい。

Active Backup for Businessという機能で対応が可能。丸ごとバックアップされたデータは一元化されたダッシュボードで管理できます。

ランサムウェア対策のためバックアップを見直したい。

Snapshot Replicationで作成したバックアップは変更できないため、ランサムウェア等に有効。またBCP対策として、遠隔地にレプリケーションする。

各拠点にNASが点在し、
管理が行き届いていない。

拠点間の一括管理が可能な中央管理システムで
実現します。故障やメモリ不足、バックアップ
状況などの通知にも対応しています。

インターネット障害に備えて、クラウドストレージを社内環境と同期させたい。

Synologyは20種類以上のクラウドストレージサービスと、特定フォルダを簡単・セキュアに同期することが可能です。

バックアップルールが明確化されておらず、
有事の際にデータを復旧できるか分からない。

お客さまの環境をヒアリングし、バックアップルールやデータ復旧に関する設定を含めたNAS導入のコンサルティングを行います。

さまざまな課題を「Synology ✕ 株式会社日立システムズエンジニアリングサービスが解決します!!

Synology 3つのメリット

豊富なバックアップソフトを標準搭載。ライセンス費用が不要

ハードウェアを準備するだけでトータルバックアップを実現します。

メリット1

幅広いシーンに対応する豊富な製品群と機能

ハードディスク2~最大180ベイまで拡張可能です。

メリット2

分かりやすい操作でトレーニングはほぼ不要

メリット3

Synologyの実績

全世界で900万台の出荷実績

アメリカITメディアPCMag「2022年 読者調査」および「2021年 企業調査」の
ネットワーク アタッチド ストレージ・NAS部門において、総合満足度で一位獲得

出典:PCMag「Readers' Choice 2022」「Readers' Choice 2021」

Synologyの実績

導入から稼働維持までトータルサポート

当社の提供するサポートサービスの特徴

・お客さまの利用用途に合わせて機器を選定
・基本サービス・オプションサービスを合わせて、導入から稼働維持までトータルサポート

基本サービス

Synology導入コンサルサービス

お客さまの環境をヒアリングし、NAS導入のための適切なコンサルティングを行います。

Synology導入コンサルサービス

Synology環境構築サービス

Synology導入とお客さまの使用環境を構築します。Synology認証によるセキュリティ/バックアップを設定します。

Synology環境構築サービス

オプションサービス

クラウドバックアップサービス

重要データをクラウドへバックアップすることで、火災などの拠点 災害からデータを保護します。

クラウドバックアップサービス

データ移行支援サービス

旧環境から新NASへデータの
移行支援を行います。

データ移行支援サービス

Active Directory接続サービス

お客さまで運用中のActive DirectoryサーバーとSynologyを接続して連携します。

Active Directory接続サービス

停電対策サービス

UPS(無停電装置)を使用することで停電時の電源障害からNASを守ります。

停電対策サービス

Synologyと他社クラウドストレージのコスト比較

5年トータルではクラウドストレージよりも高いコストメリットを発揮します

ユーザ数:100名/容量:30TBのデータを保管する場合

Synology クラウドA社 クラウドB社 クラウドC社
容量 30TB 30TB
初期費用 機器費:150万×2台
構築費:100~200万前後
合計:400~500万
なし なし なし
年間利用料 180万
(1,500円 / 月×100名)
144万
(12万 / 月)※1
360万
(30万 / 月)
5年トータル 400~500万 900万 720万 1,800万
ユーザー数 500名前後(※2) ユーザー毎課金
1,500円/月 × ユーザー数
無制限 無制限

※1:従量課金のクラウドサービスのため、金額は変動します。
※2:上位機種へ変更すれば、さらにユーザ接続することが可能です。

Synologyのバックアップソリューション全概要

Synologyのバックアップサービスはファイル共有、BCP対策に対応したバックアップソリューションです。
業界を問わずコンプリートなファイルサーバーとして利用が可能です。

Synologyのバックアップソリューション全概要

Synology ユースケース

ユースケース①

ファイルストレージのリプレイス時は、Synologyをご検討ください。
Synologyで戦略的バックアップを実現します。

ユースケース①

課題

  • エンタープライズ向けストレージは、予算が合わず導入できない
  • バックアップソフトの年間利用料が高い
  • データ量が多いので重複排除機能が必須

解決

  • 大手ストレージメーカーより、比較的安価にハードウェアを調達可能
  • Active Backup for Business(標準搭載機能※)で、バックアップソフト費用が不要
  • 重複排除をサポートするSynologyモデルを選定することで実現

※Synology Plusシリーズ以上のNASで標準搭載機能となります。

ユースケース②

ランサムウェア対策に「3-2-1 バックアップ」をご検討ください。
Synologyで最適なバックアップ環境をご提案します。

ユースケース②

課題

  • ランサムウェア対策したい

解決

  • 複数メディアにバックアップし、有事の際にリカバリが可能
  • Snapshotで作成したバックアップは変更できないため、ランサムウェア対策等に有効

「3-2-1バックアップ」とは、ファイルのコピーは3個保管、ファイルを保管する記録メディアは異なる2種類を採用、コピーのうちの1個はオフサイトに保管する バックアップルールで、synology社も推奨するデータ保護戦略の一つです。

ユースケース③

ローカルNASとパブリッククラウドを安全に同期する場合は、
Synologyをご検討ください。

ユースケース③

課題

  • ネットワーク障害に備えてローカルNASとパブリッククラウドを同期したい
  • 社内/社外での作業データをシームレスに統合したい

解決

  • Cloud Sync機能で複数社のパブリッククラウドと同期  ネットワーク障害で接続出来ない場合Synologyで事業継続可能
  • データはシームレスに同期しており、リモートワーク時にパブリッククラウドへ更新した内容もSynologyへ同期 ワークスタイルに合わせて環境を選択

ユースケース④

バックアップ運用が確立していない環境で、従業員PCを個別に
バックアップする場合、Synologyをご検討ください。

ユースケース④

課題

  • 従業員PCや業務用PC/共有PCを個別にバックアップしたい
  • PCをバックアップするために、バックアップソフトに高額な費用をかけたくない

解決

  • スケジューリングしてPCを個別にバックアップすることが可能
  • Active Backup for Business(標準搭載機能)で、バックアップソフト費用が不要

Synology機能一覧

項番 カテゴリ アプリケーション 機能概要
1 バックアップ Cloud Sync データをパブリッククラウドと同期(一方向アップロード、ダウンロード、双方向)暗号化。また、ファイルのアップロードとダウンロードの同時実施、同期タスクをスケジュール、帯域制限管理者が利用状況を監視してコントロール可能。
2 Active
Backup
for Business
PC、サーバー、仮想マシンのバックアップ、増分バックアップとグローバル重複排除機能。 Windowsコンピューターおよびサーバー上のお客さま環境データをベアメタル(BMR)復元。
3 Hyper
Backup
NAS保管データを外部デバイス、パブリッククラウドへのバックアップ機能。 マルチバージョンバックアップ、バックアップのローテーション、Smart Recycleを有効化して 古く不要なバックアップを自動的に削除。
4 Snapshot
Replication
即時的なセルフサービスリカバリー、共有フォルダとiSCSI LUNで利用可能な前のバージョンに復元する機能。保管ポリシーはプライマリサーバーと復元サーバーで異なるようにカスタマイズ可能。
5 Synology High
Availability
アクティブ/パッシブのHAクラスタ。2台のSynologyを1つの可用性の高いクラスタ(またはHAクラスタ)へ統合する機能。1台のサーバーには、アクティブサーバーの役割が想定され、もう一台は待機中のパッシブサーバーとして稼働。
※Synology High Availability構成では、同一モデルを使用することが必須です。
6 管理 Central
Management
System
複数のSynology NASサーバーを効率的かつ便利に管理する機能。1つのインターフェイスで複数のサーバーの状態を管理したり、サーバーグループの設定を一括編集するためのポリシーを作成したり、各サーバーを最新の状態に保つことが可能。
7 Windows Active
Directory連携
Windowsドメインに参加させて既存のアカウントシステムとシームレスに統合する機能。

FAQ

よくある質問と答えをご紹介します。

クラウドへバックアップすることはできますか?

可能です。

PCをバックアップすることはできますか?

可能です。

Synologyの導入だけでなく、運用設計も対応できますか?

可能です。詳細はご相談ください。

保守期間を教えてください。

最大5年です。

ハードウェア保守範囲を教えてください。

故障した部品(機器)の交換を行います。設定やアプリケーションの再インストール、データ復旧等は対象外となります。

検証機の貸出しサービスはありますか?

あります。貸出期間は2週間となります。