Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

職種紹介
システム運用

構築したシステムが安定して稼働するよう、コンサルから運用までお客さまをサポートします

構築したシステムが安全に稼働し、計画時の目標を達成できるようサポートします。ITシステムをいつもベストの状態に保つため、ITサービスマネジメント(ITSM)の導入コンサルティングや導入設計、IT運用、評価/改善などをトータルにカバーします。人とのコミュニケーションが好きで、課題に対しても冷静かつ論理的に考えて、解決していくことが得意な方には最適な仕事です。

主なサービス内容

ITマネジメントサービス お客さま拠点にエンジニアが常駐し、サーバーおよびメインフレームの運用をお客さまに代わってサポートします。
データセンタ運用サービス ITシステムを提携データセンタにお預かりし、トータルマネジメントを実現。コアビジネスに専念できる安全で信頼のあるサービスを提供します。
コンタクトセンタソリューション ICT製品の全般や業務システムについて、トラブル対応や問題解決などをワンストップで対応します。
システム運用について詳しく知る

ここがやりがい
チームでコミュニケーションを取りながらプロジェクトに取り組める

プロジェクト後半工程を担当することが多い職種であり、納期の問題や開発工程の変更などの課題が多く発生します。あらかじめそれらの課題に対してのリスク分析を行った上で、システム運用を計画し、発生したプロジェクト遅延や、品質上の課題については、原因の特定・解決策を考え、作業の優先順位付けや一時的な支援者を過去実績から論理的に想定し、わかりやすく相手に伝えることで、問題解決に結びついたときは大きな喜びを感じられると思います。

また、多種多様なステークホルダーに対しては、価値観や考え方に差異があることを冷静にとらえて感情的な行動を取らず、粘り強く交渉することで、最終的にプロジェクトを成功に導けたときはこの仕事をしていて良かったと思う瞬間です。チームで対応を行うケースが多いため、目標を定めメンバーのモチベーションを高めて、日頃からメンバーの状況を把握し、適切なフォローを行うこともこの仕事の醍醐味です。

当社の仕事の流れ

  • 01企画
    調査、構想、立案
    • ・お客さまが現状、どのような流れで業務を進めているのかを確認・調査します。
    • ・お客さまの困っていることや要求している内容など、現行業務の問題点などを整理します。
    • ・システム導入に伴う必要なコストや導入後の効果、発生しうるリスクなどを踏まえながら、システム化する目的や範囲を整理します。サービスとしてどのようなシステムを提供できるか構想・立案を行います
    提案書作成
    • ・導入効果や開発費用、システム構成など、お客さまにとってわかりやすい用語、表現で作成するのがポイントです。
  • 02設計
    要件定義
    • ・建物に例えると基礎の部分にあたる工程です。上に建つ建物を支える土台となる重要な工程になります。
    • ・お客さまが期待をしていること、要求している内容をまとめて、“要件定義書”を作成する作業です。具体的には、システムに実装する機能や取り扱うデータ、入力する画面や出力する帳票を明確にすることです。
    • ・ウイルス対策などのセキュリティ面やアフターサービスの内容など、システムの強度や品質に関わる部分も要件定義で明確にします。
    • ・要件定義がしっかりできていないと、お客さまとの認識にズレが生じて、システム開発そのものが失敗する恐れがあるのでとても重要な工程です。
    基本設計、詳細設計
    • ・基本設計では、要件定義書でまとめられたシステムの要件について、具体的にどのようにすればシステムとして実現できるかを検討し、機能一覧表やシステムを動かすのに必要なサーバーの台数、ネットワーク機器を決定したり、作業のスケジュールを考える工程です。
    • ・詳細設計では、基本設計で一覧化をした機能について、プログラムでどのように実現するのかを設計します。
    • ・プログラムの構造やデータの流れなど、実際にプログラムが作れるレベルまで細かく考える作業です。
  • 03製造
    コーディング
    • ・プログラミング言語(有名なところではJavaやC言語など)を使用して、ソースコードと言われるプログラムの文字列を記述する作業です。
    • ・設計の工程で明確化したシステムの仕様を実現する処理です。
    単体テスト
    • ・作成したソースコードについて、詳細設計書の通りに正しく作成されていることを実際に動作させてテストを行う作業です。この単体テストは、プログラムを構成する一つひとつの機能、モジュールと言われる部品ごとにきちんと動くかどうかをテストします。
  • 04テスト
    結合テスト
    • ・単体テストが完了したモジュール同士を結合し、一つのプログラムとしてキチンと動くかどうかテストする作業です。
    システムテスト
    • ・結合テストが完成したプログラムをそれぞれを実行し、システム全体が要件定義で決定した仕様通りの機能を満たしてキチンと動くかどうかをテストする作業です。
    運用テスト
    • ・システムテストが完了したシステムが、実際のお客さまの業務の流れに沿って問題なく動作するかを確認する作業です。
  • 05移行・導入
    移行作業
    • ・移行作業とは、お客さまがこれまで利用していた既存のシステムから、新しく導入するシステムに切り替えを行う作業で、データの引き継ぎやハードウェア・ソフトウェアの切り替えを行います。最近では、システムを新規導入するケースは少なくなってきているので、多くのケースで移行作業は発生します。
    ユーザー教育
    • ・システムは導入して終わりではなく、お客さまが新しいシステムを使いこなし、導入した目的や効果が達成されてこそシステム開発が成功したと言えます。
    • ・開発者の視点ではなく、利用者やお客さまの視点に立ち、操作方法を説明したマニュアルを作成し、利用者に正しく理解をしてもらうのがユーザー教育です。
  • 06保守・運用
    システム保守
    • ・システムが導入されて本番稼働を開始すると、稼働した状態を維持するために、メンテナンスや監視、トラブル発生時の対応やバージョンアップ対応などの業務が必要になります。これらの業務を運用・保守と言います。
    • ・システムの保守作業は、すでにお客さまが日常業務で使用しているシステムに対して行うものであるため、保守作業を行うこと自体でトラブルや障害などが発生しないように細心の注意を払って実施します。
    • ・必要に応じて本番環境とは別に検証環境などを用意して、既存のシステムに影響を与えないことを事前に確認することも必要になります。

当社と日立グループの関わり方

お客さまが抱える課題は大小さまざまですが、大きなものであれば、日立グループや日立システムズグループ、パートナー会社と一緒になって解決に取り組みます。日立グループの一員として、技術の日立の一翼を担っているので、グループ会社内での主従関係といったものは存在せず、対等に提案やディスカッションを交わし、プロジェクトをリードしていく姿勢が求められます。

グループに属している最大のメリットは、日立グループの最新かつ高水準の技術情報をリアルタイムで入手できることです。また、自社のソリューションで対応が難しい場合も、グループ企業のプロダクトを組み合わせて提案できることも強みの一つです。

システム運用エンジニアとして働く先輩の声を見てみる

仕事についてもっと知るWork

Entry
エントリーをご検討の方はこちらもご覧ください。

採用情報

求める人物像や必要なスキル、
エントリー以降の流れ、面接時の評価基準など
役立つ情報をご紹介しています。

説明会動画を
ご覧いただけます
エントリーはこちら