ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

職場懇談会によるコミュニケーション

従業員と会社間のコミュニケーション・チャネルの一環として職場懇談会を展開しています。各課の懇談会では課長と所属員が参加し職場での課題や会社への要望などの意見を交換し、事業部懇談会を経て各事業部の代表者による全社懇談会を年に4回開催しています。

デジタル社内報による従業員相互および会社とのコミュニケーション

当社では社内報をデジタル配信しています。社内のパソコンはもちろん、個人所有のパソコンやスマートフォンなど、さまざまなデバイスでアクセスできる環境を構築しました。デジタル社内報では会社からの記事の配信だけではなく、従業員と会社ならびに従業員相互のやりとりも可能とし、重要なコミュニケーション・ツールの一つになっています。

社内コミュニケーションの推進

ボクと囚われのバディロボ

2020年度は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染状況を注視し、感染が収束していないこと、コロナ禍における日立グループの会議・イベント開催方針を踏まえ、創立50周年記念イベントをはじめ例年開催していた「社内コミュニケーションイベント」や「ファミリーデー」を中止としましたが、2021年度は、当社を舞台としたオリジナルのオンラインによる「謎解き」イベントを開催しました。
なお、2022年度以降は、従業員間コミュニケーションのさらなる向上、ご家族に当社への理解を深めていただくことを目的としたイベントをオンラインでも開催できるよう企画しています。

従業員のエンゲージメント・レベルを調査

従業員のエンゲージメントのレベルを図るため、全世界の日立グループ社員を対象とした意識調査「Hitachi Insights(日立インサイト)」を導入しています。
この調査においては、日立グループとの比較や経年比較を行い、各項目について課題解決に向けた施策を展開していくことで、すべての従業員にとって働きやすい職場環境の実現をめざします。また、調査結果については、社内Webで公開し、各部署での今後の施策展開に役立てています。

従業員のエンゲージメント・レベルを調査
No. 項目 内容
1 回答対象 日立システムズエンジニアリングサービスの社員
2 実施頻度 年1回(9月~10月にかけて実施)
3 設問
カテゴリー
明確な方向性、上司のマネジメント、権限付与・委譲、会社への誇り、継続的改善、チームワーク、報奨・報酬、リソース及びサポート、能力開発及びキャリア形成の機会、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)、安全衛生、エンゲージメント、リーダーシップ、コミュニケーション、成長志向、中期経営計画、文化、ダイバーシティ&インクルージョン
4 2021年度
回答率
1,555名/85.0%

お問い合わせ・資料請求

0120-66-7494

※お急ぎの場合は専用ダイヤルまで。

受付時間:9:00~12:00 / 13:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・当社休日は除く)