ページの本文へ

Hitachi

ハンディーターミナルを活用した予備部品管理

お客さまのメリット

工場の安定稼働に重要な予備部品の管理/発注業務をサポートします

  • 工場ごとの在庫を
    可視化
    在庫の適正化も可能に
  • 管理工数を削減
  • 発注データ自動生成
    による発注漏れ防止

特長と概要

1.各工場の予備部品を一元管理することで在庫数の可視化および適正化が可能

  • ・ハンディーターミナルを活用した入出庫情報の登録により在庫数を更新可能
  • ・在庫数の可視化により各工場の余剰在庫が把握でき、在庫の適正化が可能
  • ・予備部品入出庫をシステム管理することで厳格管理、管理工数の削減が可能
  • ・急な予備部品の必要な際、他工場の在庫数をスピーディーに確認、他工場からの調達が可能
各工場の予備部品を一元管理することで在庫数の可視化および適正化が可能

2.発注手続きの簡略化および発注漏れ防止が可能

  • ・システムで調達部への発注データ連携ができ、発注手続きにかかる工数削減が可能
  • ・システムで自動生成された発注データをもとに、管理者は最低在庫を下回ったことを検知可能、発注漏れを防止
発注手続きの簡略化および発注漏れ防止が可能

導入効果

Case 1予備部品の管理工数を削減

課題
予備部品の管理が各工場任せ、発注手続きが紙による手作業のため、管理工数増
効果
システム管理により棚卸や発注手続きの工数を削減

予備部品の管理工数30%減

Case 2発注漏れ防止

課題
発注手続きが作業者任せのため発注漏れが発生
効果
システムで最低在庫を下回ったことが管理者にて検知可能なため発注漏れを防止
発注漏れ防止

発注漏れ件数0件