ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

健康経営宣言 2022

取締役社長

当社の最大の財産は「人」であり、従業員一人ひとりの「健康」が経営の基盤と考えます。

働き方が変化した今、お客さまへ“価値あるサービス”を提供するためには、まず自らが心身ともに健康でなければなりません。

健康な心と体を維持し、みなさん一人ひとりの自律と成長をもって変化への対応力を向上させましょう。

また、対話・協働を促進し、心理的安全性の高い職場づくりと経営活動との連携を図り、新たな価値の創出とみなさん一人ひとりのwell-beingの実現に寄与して参ります。

株式会社 日立システムズエンジニアリングサービス 代表取締役 取締役社長

健康経営指針

  • 従業員一人ひとりの心身の健康を第一に考え、「変わった!」を実感できる健康増進体制、環境づくりに取り組みます
  • ICTを活用した0次予防~二次予防に積極的に取り組み、従業員一人ひとりの自律した健康づくりを推進します
  • 健康増進活動、働き方改革を通して、心身の健康保持・増進、ワークライフバランスを推進し、従業員およびその家族が誇りに思える会社づくりをめざします

従業員行動姿勢

  • 自らの健康を第一に考え、自分自身の体の声に耳を傾け、自らの体を大切にします
  • 自らが主役であることを意識し、積極的に健康増進活動に参加し、自らの健康づくりに取り組みます
  • 自らが主体的に健康増進、働き方改革に取り組み、仲間とのつながりを大切に活力ある職場づくりをめざします

健康経営がめざすもの

「健康経営」とは、従業員の健康管理を経営的な課題ととらえ、従業員の肉体的・精神的な健康を改善し、 活力を増大させる取り組みのことをさします。従業員の健康維持・増進に投資、施策を投入することで 従業員の活力の向上、生産性の向上、医療費の削減等、事業運営にかかるコストを抑え、パフォーマンスを上げるための会社戦略です。

当社では、これまでにも様々な健康施策の展開を通して「従業員の健康増進」に取り組んできました。 今回、社長からの「健康経営宣言」を受け、健康施策のより一層の充実を図り、社員一人ひとりの主体的な健康行動を支援し、 当社従業員の「ワークエンゲージメント(意欲・活力・健康・安心)」、「ハピネス(喜び・満足)」の向上と、 当社の成長(生産性向上、事業拡大、優秀な人財の確保)をめざします。

中期健康経営計画

  • 当社がめざす健康経営を推進するため、現状の問題点や課題を整理し、中期健康経営計画を定めて取り組んでいます
    計画内容の詳細については、こちらのPDFファイルよりご確認ください  中期健康経営計画

健康経営体制

当社では、CHO(健康管理最高責任者)を置き、当社での健康経営を強力に推進していきます。

CHOメッセージ

CHOとは

Chief Health Officerの略で、従業員の健康管理における最高責任者のこと。

会社や組織などが従業員やその被扶養者の健康づくりを企業経営の一部として位置づけ、 経営責任として従業員等の健康マネジメントを組織的に運営、実行していくための最高責任者になります。

健康経営体制図

健康経営体制図

健康経営施策における数値目標

健康経営施策における数値目標

健康経営施策における当社の取り組み施策

2022年度健康経営施策の詳細はこちらをご覧ください。

健康経営に関連する各指標の実績値

健康経営に関連する各指標の実績値

お問い合わせ・資料請求

0120-66-7494

※お急ぎの場合は専用ダイヤルまで。

受付時間:9:00~12:00 / 13:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・当社休日は除く)