ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

概要

システムで発生するさまざまなイベントを一元管理することで、どのサーバーの、どの業務で何が起こっているのかを一目で知ることができ、迅速に障害対応することができます。
システム管理者へ障害や問題点をリアルタイムに通報したり、サーバーを遠隔操作することができます。

サービス内容

  • システムで発生するイベントから、お客さまのニーズに合わせた監視対象イベントを精査し、緊急障害や警告等、通知レベルごとに分類します。
  • システムに障害や問題が発生した際に、システム管理者のPCへメッセージを表示したり、ビープ音を鳴動することにより、障害や問題発生をいち早く把握することができます。また、電子メールや携帯電話に自動的に通報する環境も実現でき、休日や夜間等、システム管理者が不在の際に便利です。
  • セキュリティ運用支援サービスとの組み合わせにより、サーバーの遠隔操作を実現し、障害復旧時間の短縮を図ります。
  • インシデントの受付・対処・状況は、ITIL(IT Infrastructure Library=ITサービ管理・運用管理のベストプラクティスをまとめた、公開されたフレームワーク)に準拠して管理します。

活用事例

複雑化しているマルチプラットフォームで構成されているシステムで障害が発生した際、どのサーバーで障害が発生しているのか調べるのに時間がかかっていました。また、夜間無人になるシステムで障害や問題の発生の検知ができていませんでした。

各サーバーで発生するイベントを監視サーバーで集中監視し、イベントにより重要度を設定しました。システム管理者への通知は、日中はPC、夜間は携帯電話へ通報する環境を構築しました。

これにより、昼夜を問わずサーバーの障害発生をリアルタイムに検知することが可能になり、夜間の無人状態についても、リスクを軽減することができました。また、障害が発生したサーバーの迅速な切り分けや、遠隔操作による復旧作業が可能になり、障害復旧時間を短縮できるようになりました。

価格

ご相談ください。個別にお見積もりさせていただきます。

この商品はこんな特徴があります

課題別運用コスト削減、品質向上、無人化、集中監視

業種別公共、金融、産業、通信、サービス(全般)

担当業種別運用管理

キーワードシステム監視、無人化、運用、監視、JP1、遠隔、リモート、ジョブ監視、コスト削減、品質向上、ITIL準拠

お問い合わせ・資料請求

お急ぎの場合は専用ダイヤルまで 0120-66-7494 9:00~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日・当社休日は除く)