ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

仮想デスクトップUSBデバイス統合管理ソリューション概要

「VUMS」(*1)を活用し、仮想デスクトップ上のUSBのデバイス制御/アクセス制御を確実に行いセキュリティ強化につながるデスクトップ仮想化を実現します。

*1
VUMS(Virtual USB Management System)は、株式会社TCSIの製品です。
*2
SBC方式 … Microsoft RDS,Citrix XenApp,ERICOM,GO-Global
VDI方式 … Microsoft VDI,Citrix XenDesktop,VMware Horizon View

特徴・メリット

■仮想デスクトップ環境で、きめ細かなUSBデバイス制御

仮想デスクトップ環境から端末に接続したUSBデバイスの接続制御/アクセス制御が可能

『デバイス識別方法』

[VID+PID]、[VID+PID+シリアルNo.]

『利用規制可能区分』

ユーザーごと、ユーザーグループごと、一括単一規制

『運用制御区分』

除外デバイス設定、読み込み/書き込み可能設定、読み込みのみ可能設定、利用不可設定

■エンドポイントでの情報漏洩防止

USBデバイス接続制御により、端末で未登録USBデバイスの利用不可とし、デバイス操作を禁止

■不正USBデバイスの接続を行動証跡ログから判別

USBデバイス利用実態把握、不正USBデバイス検出、フォレンジックに対応

適用事例

■窓口業務の利用例

  • 市民課窓口で、身分証明書および印鑑証明の印影登録にスキャナーを利用
  • 各種証明書の印刷のため、プリンターを接続

個人情報を扱う業務のため、窓口共用端末で受付担当者ごと利用できるUSBデバイスを限定。さらに行動証跡を取得!!

■工事検収業務の利用例

  • 道路課、緑地課、水道課等にて、現場写真・記録を取り込むために、デジタルカメラを利用。取り込みデータはシンクライアントから

特定のデジタルカメラ(シリアル番号制御)を利用可能とし、個人所有のスマートフォンカメラの不正利用を防止!!

■データ入出力業務の利用例

  • 外部システムとのデータ授受を行うため、多様なUSBデバイスを業務利用セキュリティ強化のため、権限に応じた利用制限、徹底したログ管理を実現

多様なUSBデバイスをシンクライアント経由でセキュアに利用!!
不正なUSBデバイスを検知!!

サービス一覧

導入支援サービス

■仮想デスクトップシステム導入検討サービス

  • お客さま要件に適した仮想デスクトップシステムを提案
  • お客さま業務に合わせたUSBデバイスの取り扱いを整理

■USBデバイス事前評価サービス

  • 仮想デスクトップ環境で利用するUSBデバイスの動作評価

構築支援サービス

■仮想デスクトップサーバー環境構築サービス

  • 仮想デスクトップ/VUMSサーバーの設計・構築
  • 静脈認証システム設計・構築 (別途提供予定)

■シンクライアント端末マスタ作成サービス

  • シンクライアント端末環境[Embedded OS]のマスタを作成

■シンクライアント端末キッティングサービス

  • マスタを基に、シンクライアント端末のキッティング作業を実施

■シンクライアント端末展開支援サービス

  • 展開計画の策定および納品後の動作確認を実施

運用支援サービス(リモート保守)

■仮想デスクトップシステム運用サポートサービス

  • 仮想デスクトップシステム/VUMS問い合わせ、および問題切り分け
  • USBデバイスの利用状況を月次レポート(オプション)
  • USBデバイスの登録/削除(オプション)

■不正USBデバイス検知サービス

  • USBデバイスの利用状況から不正USBデバイスを検出
*
記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

お問い合わせ・資料請求

お急ぎの場合は専用ダイヤルまで 0120-66-7494 9:00~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日・当社休日は除く)