ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

概要

仮想デスクトップ環境は、PCやタブレット端末に業務・個人情報を保管せずに運用できるため、情報漏えいリスクを軽減。

スマートフォンやタブレット端末など利便性の高いデバイスの普及により、多様な働き方の実現や業務効率の向上が求められております。
情報漏えいなどのセキュリティ対策や運用負荷の軽減、事業継続性を維持するため、仮想デスクトップを検討されるお客さまが増える中、仮想デスクトップ導入まではさまざまな課題が発生します。
当社ソリューションでは導入までの課題を解決し、安全なデスクトップ環境を提供します。

サービス内容

仮想デスクトップサービス

仮想デスクトップサービス

VMware、CitrixでVIDを実現する仮想化ソリューションです。セキュリティ面でもコスト面でもお客さまに適したソリューションを提案できます。

USBデバイス統合管理ソリューション

USBデバイス統合管理ソリューション

お客さまが抱えるセキュリティ面の課題解決と業務効率向上を支援するため、仮想デスクトップ環境においてUSBデバイスを利用する際のアクセス管理や証跡管理を、より厳格にできるソリューションです。

専用端末化サービス

専用端末化サービス

専用端末化サービスは、あらゆるビジネスシーンでタブレットを安全に利用する環境を提供します。
Windowsタブレットを、セキュリティ強化につながる「Windows 10 IoT Enterprise」に変更し、ロックダウン機能による誤操作防止、ランチャーにより業務を限定、お客さまに合った端末環境を実現します。

生体認証ソリューション

生体認証ソリューション

Windowsタブレットの活用、モバイル利用に適した、指紋認証デバイス、多要素認証に対応した統合認証システムを提供します。

お問い合わせ・資料請求

お急ぎの場合は専用ダイヤルまで 0120-66-7494 9:00~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日・当社休日は除く)