ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

ビーコンとは、低電力・低コストの通信プロトコル、またはその技術のことです。
BLE(BluetoothLowEnergy)による近距離無線通信を利用し、ビーコンを対象者にお持ちいただいたり、対象物に取り付けたりすることで、人や物の位置情報を把握できます。位置情報技術を活用することで、「ヒト・モノ・場所」に関するさまざまな現場の課題を解決します。

ビーコン利用の仕組み:1.ビーコンはBLE(BluetoothLowEnergy)技術を使用して一定間隔でID情報を発信する 2.ID情報を受信した機器(スマートフォン・タブレットなど)は、IDに応じたアプリを自動的に起動し、イベントを発生する (例)鍵にビーコンを付けた紛失防止の場合:電波を受信したとき→鍵の「発見 ! 」を通知、電波が途切れたとき→鍵の「紛失 ! 」を通知

ビーコンの特長

  1. ①非接触型で検知距離が長いため、位置検知の用途の幅が広がります。(数m~100m)
  2. ②スマートデバイスで受信できるため、専用リーダーは不要です。
  3. ③最新のBluetooth技術で省エネ化しているため、電池容量と設定次第で半年~数年間利用可能です。

一般的には、店舗への集客を目的とした来客者へのクーポン発行などの情報発信(O2Oサービス)や、地下街など屋内での施設利用者を誘導するためのナビゲーションサービスに使用されます。

当社では、ビーコンを設置するのではなく、移動体に付けるタグとして活用することで、ヒトやモノの位置をモニタリングし、さまざまなソリューションをご提案しています。

  • お子さまやお年寄りの見守りサービス
  • 荷物の紛失防止(一定距離を離れた場合のアラーム)
  • ビーコンとGPS情報を利用した屋外での動線確認(地図での表示)
  • インドアでの動線確認(レイアウト上での表示)

商標

  • Bluetoothは、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求

お急ぎの場合は専用ダイヤルまで 0120-66-7494 9:00~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日・当社休日は除く)