Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

先輩たち
予期せぬトラブルを解決していくことで達成感を得られる

長嶋 大輝

2012年度入社 一般職(ユニットリーダー)

システム運用サービス事業部 オンサイト運用サービス本部 システム運用設計部 第二課 所属。2012年4月に入社以来、システム運用に携わる業務をしてきました。

あなたの仕事を教えてくださいサーバーやネットワークなどのインフラ設計から構築、運用設計まで担当しています。

私が所属するシステム運用サービス事業部では、データセンター運用を中心とした運用サービス設計や構築業務を行っており、運用設計部署として設計・構築を実施し、運用部署へ運用業務を引き渡すことがミッションです。そのなかで私はさまざまなスポット案件を対応するチームとして、主にサーバーやネットワークなどのインフラの設計、構築、運用設計を担当しています。

現在は、某公共団体のプロジェクトを提案段階から参画し、要件定義、設計、構築、運用までを一括で対応しています。その他には、内部向けの業務として課員の労務管理を行っています。毎週労働時間を集計、報告し、時間外労働が多くなりそうな課員とチームリーダーに対して業務調整いただくようにフォローしています。全社的に働き方改革が強く推進されているので、業務効率化などが重要になっています。

今の仕事のやりがいは何ですか?これまでの業務で得た知識でトラブルを解決できたときです。

プロジェクトを進めるなかで、何も問題やトラブルがなく進むことはないと断言していいでしょう。他ベンダーとのスケジュールに絡む調整であったり、お客さまからの追加要望であったり、構築したシステムが動作しないといった技術面のトラブルなどもあり、事前の検証作業を実施していても何かしらの問題が起きることがあります。

トラブルが起こるというのはマイナス的なイメージではありますが、このようなときにこそ燃えてくるものです。今までの業務で得たノウハウやナレッジを生かして一つひとつ解決していき、最後にシステムができ上がって納品ができたときにはやはり達成感がありますね。入社当時は問題、トラブルが起こるとヒヤヒヤしていましたが、今ではあまりネガティブに考えすぎず、解決に向けて対応することを楽しめるようになってきました。トラブルが起こるからこそ、深く理解できる感じですね。

自分が担当しているプロジェクトだけでなく、他のチームが対応しているプロジェクトで発生したトラブルで問い合わせを受けることや、実際に現場に応援に行ったりもするので、自分の力が役に立てているなと実感できます。

日立システムズエンジニアリングサービスで働く魅力を教えてください社員が働きやすい環境や制度が整備されているところです。

組織としてしっかりしていると思います。現場のSEだけでは手に負えない問題が出てくれば、上長が相談に乗ってくれて、一緒に対応策を考えてくれますし、上長の立場から言うべきことは伝えてくれます。そして、日立グループ、日立システムズグループということで安定感がありますね。最近話題の働き方改革への取り組みやコンプライアンスの強化などにも率先して取り組んでいます。

少しお堅いイメージを持つかもしれませんが、社員の働きやすさを重視した制度が整備されているので、自分が頑張りすぎてしまいそうなときには上長からブレーキをかけてくれるので安心して働けます。対応案件にもよりますが、サテライトオフィスの利用や在宅勤務制度なども利用できるので、ライフスタイルに応じた柔軟な働き方ができると思います。

社内のレクリエーションなども頻繁にあり、他部署と交流する機会も多いです。レクリエーションは自分で企画することもできますし、補助金も一定額支給されるので、みんなで交流することが好きな人はハッスルできます。私の所属する課では毎年日帰りのスキー・スノボ旅行を開催しており、毎年楽しみにしています。

苦労したことはなんですか?仕事の全体像がわからずに、キャパオーバーになったことがあります。

入社2年目のころに、先輩社員と3人チームで業務を対応していましたが、2人とも別の案件を対応し、チームから抜けてしまい、一人で対応しなければならない時期がありました。新人研修を終え、実際に現場に配属されて1年程度だったので、仕事をどのように進めるべきなのかよくわからず、目の前の仕事をひたすらこなしていました。お客さまから言われたことはやらねばならないという思いで対応していましたが、キャパオーバーで対応しきれず、お客さまにご迷惑をおかけしてしまったことがありました。

どの案件においても、スケジュールやプロジェクト体制、契約などがあったうえで業務を実施しています。このような前提条件に理解が及んでいないと、本来対応するべき範囲や内容が明確にならず、仕事量が増えてしまうのだと実感しましたね。

今ではプレ対応として、引き合いをいただいた案件の作業見積り、提案書の作成を実施することもあり、仕事の流れを把握できているので、自分がするべきことを見失わずに対応することができ、お客さまとも折衝できるようになってきました。一緒に対応するチームメンバーとも、契約内容と作業の詳細を共有して、自分たちが対応する範囲を明確にしてから仕事に取り組むように心がけています。

適正に対してどう考えていますか?疑問を持ち、わからない点は調べて解決できる実行力が求められます。

情報通信業なので、技術面を重要視していると思うかもしれませんが、技術情報などはそのときに調べればよいだけなので、事前知識がなくてもわからなければ調べることで業務を行えます。今の時点で知識があるないは特に気にする必要はなく、それよりもわからないことは調べる、何が問題になっているのか切り分けて分析する、進めるために何をする必要があるのか整理できる、困ったら相談する、といった動きができることが重要になります。

リーダーや管理職に進む人も、技術職として進む人のどちらにもとても重要なことです。そのため、今までIT・ICTに関わった勉強をしてきていないが、興味を持っている方はぜひとも飛び込んできてください。むしろ、違う分野の知識も取り入れて、IT・ICTを組み合わせれば素敵な創造ができるかもしれませんね。せっかく仕事をするならば、自分が楽しくやれる仕事、やりたい仕事をやりましょう。

一日のスケジュール
  • 7:00起床
  • 8:00通勤中はニュースアプリで情報収集
  • 9:00業務開始。メールチェックや一日の予定を確認
  • 10:00社内ミーティングで各プロジェクトの進捗を確認
  • 12:30お昼休み
  • 13:30設計書や計画書、仕様書などのドキュメント作成を集中して行う
  • 18:30業務が終了し、本日の進捗内容の取りまとめ
  • 19:30退社し、上司や同僚と一緒に飲み会へ

他の先輩社員の声を見てみる

Entry
エントリーをご検討の方はこちらもご覧ください。

採用情報

求める人物像や必要なスキル、
エントリー以降の流れ、面接時の評価基準など
役立つ情報をご紹介しています。

説明会動画を
ご覧いただけます
エントリーはこちら