教育体系:教育:教育とコミュニケーション:採用情報:株式会社日立システムズエンジニアリングサービス Recruiting Information

ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

株式会社日立システムズエンジニアリングサービスでは「人財こそ財産」がモットーのひとつです。社員一人ひとりが自らの仕事に積極果敢にチャレンジして、仕事を通じて社会に貢献し、生きがいを持ってもらえるよう教育体系を整えています。

入社前 内定者教育 入社するまでの間、「情報処理技術者試験」対策の通信教育を行います。
入社~3年目 新人教育 一人ひとりのレベルに応じて、ITに関する知識を習得していただきます。
また、社会人として必須のビジネスマナーの習得など、盛りだくさんの内容です。
OJT 新人教育が終了して各部門へ配属になると、先輩社員が指導員として付きます。指導員の指示に従って実際の仕事を遂行しながら、知識や技術の習得を図っていきます。
業務報告会 入社3年目に行われる研修です。これは今まで携わった仕事の成果を確認し、業務報告書としてまとめ、発表するものです。終わった後は、一転して同期会に変わります。
中堅(~30歳) リーダ養成研修 入社7年目の社員が対象です。いちメンバーからチームリーダへのステップアップを促します。
キャリア30 30歳になった社員を対象に、これまでのキャリアの振り返りを行い、将来を考える機会を設けます。
階層別研修 技師・主任クラス
課長クラス
部長クラス
それぞれのクラス層に求められるマネジメントスキルや問題解決手法などを身に付けます。
技術教育 全社員 経済産業省の定める「ITスキル標準(ITSS)」に準拠した技術教育を用意しています。IT企業に求められるあらゆる分野の教育メニューにより、計画的にITスキルを習得することができます。