ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

FAQ

会社

Q. 株式会社日立システムズエンジニアリングサービスのアピールポイントはなんですか?

A. 株式会社日立システムズエンジニアリングサービスの発足は、1970年3月。以来、日立製作所、日立システムズをはじめとした日立グループの一員として、技術の日立の一翼を担ってきました。安定した基盤を背景に、システム開発、システム基盤設計、システム運用サービスなど幅広く手がけており、こうした技術力を土台として、最先端技術分野にも積極的に進出。さまざまな業種・業界のお客さまの業務改革をお手伝いしています。今後も公共・民間問わず、あらゆる要望に応えていける経験・実績、技術力で、お客さまの業務改善ソリューションを提供していきたいと思っています。また、ちょうど良い企業規模と風通しの良い社風の会社です。

Q. 株式会社日立システムズエンジニアリングサービスと日立グループの関係は?

A. 資本と業務の両面にわたって、密接なつながりがあります。グループに属している最大のメリットは、日立グループの最新かつ高水準の技術情報をリアルタイムで入手できることです。この情報を、事業の推進や人財育成や教育などの各方面で活用しています。

Q. 知名度がいまひとつのようですが。

A. 一般的な知名度は高くありませんが、日立グループにおいて重要な位置を占めています。ビジネスユースがほとんどであり、製品に社名が出ないことが原因だと思います。しかし、多くの企業に採用されているので、知らないうちに当社の関わったシステムを利用している方もいるはずですよ。

Q. 今後どのような事業に力を入れていくのですか?

A. (1)システムインフラ設計・構築事業、(2)システム運用サービス事業、(3)Web系ソフト開発事業、(4)組込み系ソフト開発事業、(5)データアーカイブ処理サービス事業、これらの5つのコア事業を強化していきます。また、グローバル化への挑戦も開始していて、2011年度からは中国企業と連携し、当社のオリジナル製品の販売も行っています。

Q. 社風はどのような感じですか?

A. 社員数が多いので一言では言えませんが、ものづくりが好きで何らかの形で社会に貢献したいという人が多いと思います。社内の風通しも良く、上下関係なく色々な意見が言い合える環境があります。お客さまからは、株式会社日立システムズエンジニアリングサービスの社員は誠実な人が多いとよく言われます。

入社後

Q. 入社後の配属はどの様にして決められますか?

A. 採用選考時にも勤務地や職種などについて確認しますが、新入社員教育期間中に面談があり、本人の希望等を伺っています。当社では、本人の持っているスキル、本人の希望などを考慮した上で配属先を決定しています。

Q. 勤務地・勤務場所はどこになりますか?また、転勤はありますか?

A. 横浜・東京を中心とした首都圏での勤務(本社、お客さま先など)が大半で、一部の社員は中部圏・関西圏での勤務となります。また、勤務場所が変わることはありますが、引越しを伴う転勤はほとんどありません。

Q. どのような服装で働いていますか?

A. 勤務場所にもよりますが、ビジネスカジュアルが基本です。決められたドレスコードを守って、ビジネスにふさわしい服装で勤務しています。男性は、スーツ、ネクタイ姿が多いですが、夏の期間は、ポロシャツの社員が多く見られます。女性は、季節を問わず、わりと自由な服装が多いです。

Q. 自分がやりたい職種、仕事は希望を出せばできますか?

A. 当社には目標管理制度があり、半年に1度必ず上司と面談する機会があります。そういった場を利用して、自分がやってみたい仕事や将来進んでいきたい方向などの意見を出していただければ、考慮したいと考えています。上司からのアドバイスを参考に、自分の方向性を見出す社員もいます。意見が必ずしも約束されるわけではありませんが、会社の状況などを考慮した上で多くの社員に納得して仕事をしていただけるよう努力しています。

Q. 入社してからSEとしてどの様にステップを踏んでいきますか?

A. 最初は、先輩社員に指導を受けながらコンピュータに関する知識、業務知識、プログラムなどの技術を習得していただくことになります。プログラマとして経験を積み、プロジェクトの規模や難易度によっても異なりますが、1年目から先輩社員と同席してお客さまと打合せをしたり、基本的な設計書を作成している社員もいます。また、5年目くらいからはリーダとして小規模なプロジェクトを担当するケースもあります。大型プロジェクトや複雑なシステムになってくると、10年くらいの経験は必要になってくると思います。その後は、プロジェクトを管理する仕事に従事する社員もいれば、より高度な技術開発をめざす社員などもいます。

Q. 何年くらいでプロジェクトマネージャになれますか?

A. 個人差はありますが、10年程度の経験が必要になると思います。社内でプロマネとして認定されるためには、一定のプロジェクトの経験、プロジェクトマネジメントに関する教育の受講や資格の取得が必須です。要件を備えた社員が、審査を経てプロマネとして認定されます。また、認定クラスもプロジェクト規模に応じて4段階となっています。

教育

Q. 株式会社日立システムズエンジニアリングサービスの教育の特徴はどんな点にありますか?

A. IT技術者に求められる、あらゆる分野の技術教育の講座を多数用意しています。社員各々の遂行業務の内容やレベルに応じて、該当する講座を受講し、ステップアップを図っていただきます。また、コミュニケーション、リーダーシップ、企画提案力などのヒューマンスキル習得の教育も適宜実施しています。

Q. 文系出身でも大丈夫ですか?

A. 当社の社員の約4割は文系出身者です。文系出身でも、IT業界で活躍している人はたくさんいます。入社当初は文系VS理系の差を感じるかもしれませんが、プログラミング技術、運用技術の基礎などを入社後から丁寧に教育しますので、経験年数が経つにつれ、そういった不安要素はなくなってくると思います。

福利厚生

Q. 独身寮はありますか?

A. 首都圏のみですが、独身寮があります。会社が部屋を借り上げて入居する寮です。新入社員教育期間中は自宅から通える方は通っていただき、遠方から来られる方は、男女とも独身寮に入寮し、研修会場まで通っていただきます。もちろん、教育終了後も継続して入寮が可能です。

Q. 育児休職を利用している人はいますか?

A. 育児休職の制度が制定されて以来、制度を利用する社員が多くなりました。なかには2度職場復帰をしている社員もいます。制度の見直しも時代に沿って改定され、今では復帰後、短時間勤務で出勤している社員もいます。

Q. クラブ活動やレクリエーション活動はありますか?

A. 現在、会社の公式クラブとして活動しているのは野球部のみになります。レクリエーション活動として、各事業所でフットサル大会、ボウリング大会、ゴルフコンペなども実施しています。また、社員の親睦を図るため、日帰り旅行や1泊2日の旅行を実施したり、新入社員歓迎会や忘年会といった催しを開催している職場もあります。

その他

Q. 求める人財像を一言でいうと?

A. 意欲・向上心・チャレンジ精神に富み、自ら高い目標を課して実現できる方を求めています。言葉を換えると、目標を掲げるだけではなく、強い意思力を持ち、行動力、実行力を発揮しながら、継続して努力できる人です。また、日進月歩の業界で変化に柔軟かつ能動的に対応できること。資格取得・技術習得に貪欲に取り組めることなども挙げられます。

Q. 内定が出て入社するまでの学生時代にやっておいた方が良いことは何かありますか?

A. 3月までは学生として、学業を含め学生時代にしかできない事を精一杯やっていただければと思います。時間があれば社会人への準備として、資格取得の勉強や技術的にはデータベース、Java言語などを勉強されると良いのではないかと思います。