Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

人財育成
2年目以降の教育

5年目までにエンジニアの基礎が完成し、難しい課題を解決できる実行力が身に付く教育が用意されています

日立システムズエンジニアリングサービスでは、人財育成を非常に重視しています。入社から5年目までをITエンジニアとして活躍し続ける基礎を完成させる期間と考え、技術スキルやヒューマンスキル(プレゼンテーション能力や思考法、ライティング)を徹底的に学べる教育機会が用意されています。
社員一人ひとりが自らの仕事に積極果敢にチャレンジして、仕事を通じて社会に貢献し、生きがいを持ってもらえるよう教育体系を整えています。学ぶ意思や意欲がある人には、あらゆる教育機会が与えられ、生涯にわたって活躍できるビジネスマンに成長できることを約束します。

2年目以降の教育体系

社会人としての基本的な知識やマナー、心構えなどを身に付ける研修を行います。日報や週報、社内外へのメールの書き方や報連相によるコミュニケーションスキルなど、仕事をするうえで基本的なスキルを習得することができます。

職種共通

ITSSレベル6~5業界・日立グループに貢献できる人物

階層

部長相当職

研修内容

経営戦略、イノベーション

階層

課長相当職

研修内容

マネジメント、経営戦略基礎

ITSSレベル4高度な技術を持ち、プロジェクトを統括できる人物

階層

課長相当職

研修内容

マネジメント、経営戦略基礎

階層

主任相当職

研修内容

リーダーシップ、マネジメント基礎

ITSSレベル3業務を独力で遂行できる人物

階層

主任相当職

研修内容

リーダーシップ、マネジメント基礎

階層

担当 6・7年目

研修内容

リーダーシップ基礎

ITSSレベル2~1上位者の指導の下、業務を担当できる人物

階層

担当 2〜5年目

研修内容

ロジカルライティング基礎、ロジカルプレゼンテーション

階層

新人 1年目

研修内容

ロジカルシンキング基礎、アカウンティング
キャリア 階層 研修内容
ITSSレベル6~5
業界・日立グループに貢献できる人物
部長相当職
経営戦略、イノベーション
課長相当職
マネジメント、経営戦略基礎
ITSSレベル4
高度な技術を持ち、プロジェクトを統括できる人物
主任相当職
リーダーシップ、マネジメント基礎
ITSSレベル3
業務を独力で遂行できる人物
担当6・7年目
リーダーシップ基礎
ITSSレベル2~1
上位者の指導の下、業務を担当できる人物
2年目~
5年目
ロジカルライティング基礎、ロジカルプレゼンテーション
新人1年目
メンバーシップ、ロジカルシンキング基礎、アカウンティング

ITSSレベル6~5業界・日立グループに貢献できる人物

階層

部長相当職

SE 教育内容

PM力強化教育

営業 教育内容

部門毎に実施

コーポレート 教育内容

部門毎に実施

階層

課長相当職

SE 教育内容

提案力向上研修

営業 教育内容

部門毎に実施

コーポレート 教育内容

部門毎に実施

ITSSレベル4高度な技術を持ち、プロジェクトを統括できる人物

階層

課長相当職

SE 教育内容

提案力向上研修

営業 教育内容

部門毎に実施

コーポレート 教育内容

部門毎に実施

階層

主任相当職

SE 教育内容

SE力強化教育

営業 教育内容

部門毎に実施

コーポレート 教育内容

部門毎に実施

ITSSレベル3業務を独力で遂行できる人物

階層

主任相当職

SE 教育内容

SE力強化教育

営業 教育内容

部門毎に実施

コーポレート 教育内容

部門毎に実施

階層

担当 6・7年目

SE 教育内容

SE力強化教育

営業 教育内容

部門毎に実施

コーポレート 教育内容

部門毎に実施

ITSSレベル2~1上位者の指導の下、業務を担当できる人物

階層

担当 2年目~5年目

SE 教育内容

基礎教育(基礎、開発、基盤構築、運用コース)

営業 教育内容

基礎教育(営業コース)

コーポレート 教育内容

基礎教育(コーポレートコース)

階層

新人 1年目

SE 教育内容

新人研修、モノづくり実習、実習成果発表

営業 教育内容

基礎教育(営業コース)

コーポレート 教育内容

基礎教育(コーポレートコース)
キャリア 階層 SE 教育内容 営業 教育内容 コーポレート 教育内容
ITSSレベル6~5
業界・日立グループに貢献できる人物
部長相当職
PM力強化教育
部門毎に実施
部門毎に実施
課長相当職
提案力向上研修
ITSSレベル4
高度な技術を持ち、プロジェクトを統括できる人物
主任相当職
SE力強化教育
ITSSレベル3
業務を独力で遂行できる人物
担当6・7年目
ITSSレベル2~1
上位者の指導の下、業務を担当できる人物
2年目~
5年目
基礎教育(基礎、開発、基盤構築、運用コース)
基礎教育(営業コース)
基礎教育(コーポレートコース)
新人1年目
新人研修、モノづくり実習、実習成果発表

全社共通

会社一斉に行っている教育では、全階層でサービス品質、CSR・コンプライアンス・個人情報・情報セキュリティの教育・研修を実施しています。その他、各階層では希望制でビジネススキル・ヒューマンスキル、マネジメントスキルの研修を受講することが可能です。

OJT(On-the-Job Training)

日々の業務を通じて、上司や先輩から具体的な指導を受け、また部下や後輩を指導する「教え、教えられる関係」を築くことこそ、多くを学び、成長することができると考えています。
当社では、新人教育が終了して各部門へ配属になると、必ず先輩社員がOJT指導員として就きます。指導員の指示にしたがって仕事を遂行するなかで、知識や技術の習得を図っていきます。一人ひとりの成長に合わせた役割や仕事を付与することで専門性や職務遂行能力を高めていきます。先輩社員は“教え好き”の人が多いので、疑問点があれば納得いくまでフォローしてくれるので、座学ではない実践的な学びが得られるでしょう。

業務報告会

入社から3年目の社員を対象にして、入社後に携わった仕事の成果を報告書してもらいます。過去2年間に自らが関わってきた業務における成果を振り返り、今後の目標を明確にすることを目的としています。
報告を取りまとめる過程では、上司や先輩からの指導を受けて、文書作成やプレゼンテーションの技法を学んでいきます。また、この過程において上司や先輩との間に、より強い人間関係を築きあげることもできます。
報告会当日には、社長をはじめ幹部も参加するなかで発表が行われます。自分が新人から達成してきた成果を実感でき、社会人としての成長を実感できることでしょう。

リーダー養成研修

若年層から中堅クラスへの移行期間である入社7年目の社員を対象に実施する研修です。いちメンバーという立場から、チームを推進する「チームリーダー」の立場へとステップアップしていく自覚を促します。
リーダーシップには何が求められるのかを学び、チームにおけるリーダーの役割を認識し、行動変革へとつなげていきます。また、企画提案力といったビジネスマンとしてのスキル向上を図る考え方も学んでいきます。

人財育成についてもっと知るEducation

Entry
エントリーをご検討の方はこちらもご覧ください。

採用情報

求める人物像や必要なスキル、
エントリー以降の流れ、面接時の評価基準など
役立つ情報をご紹介しています。

説明会動画を
ご覧いただけます
エントリーはこちら