Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

人財育成
新人教育

ITエンジニアとしての基礎づくりとビジネスマンとしての普遍的なスキルが身に付きます

日立システムズエンジニアリングサービスでは、入社後5年間の教育のなかで、ITエンジニアとしての基礎が身に付くように新人教育カリキュラムを用意しています。新入社員として入社した皆さんには、まずは業務に必要な知識を習得していただくことになりますが、一人ひとりのレベルに応じたカリキュラムになっているので、ITの事前知識がない人でも心配ありません。また、ビジネスマナーやロジカルシンキング、プレゼンテーション能力といったビジネスマンに普遍的なスキルも身に付く体系化された教育制度が用意されています。

ITエンジニア教育

座学と実践を組み合わせた充実した新人教育カリキュラムが用意されています。最初は職種に関わらず共通教育期間として、各人のITスキルに合わせた基礎知識や情報処理技術者試験への対策講座を行います。5月からは専門教育期間として、SEコースや営業・コーポレートコース、サーバーCEコースなど、専門知識を深掘りして理解を深められるようになっています。

コンピュータシステム、データベース、ネットワーク、OSなど

  • コンピュータ基礎
  • データベース基礎
  • ネットワーク基礎
  • ネットワーク・OS基礎
  • セキュリティ基礎

システム開発・プログラミング

  • システム開発基礎
  • Javaプログラミング基礎、 JavaBronze試験
  • アルゴリズム基礎

ビジネススキル

ITエンジニアとしてのスキルとは別に、ビジネスマンとして生涯にわたり活躍するためには、プレゼンテーション能力やロジカルコミュニケーションなどの能力が求められます。これらを普遍的なスキルと位置付けて、新人教育にも組み込んで総合力が高い人財づくりをしています。

研修内容

  • プレゼンテーション基礎
  • ロジカルコミュニケーション
  • ビジネスライティング
  • 英語学習法 他

社会人教育

社会人としての基本的な知識やマナー、心構えなどを身につける研修を行います。日報や週報、社内外へのメールの書き方についてや報連相によるコミュニケーションスキルなど、仕事をする上で基本的なスキルを習得することができます。

研修内容

  • ビジネスマナー
  • 電子メールに関するマナー
  • 品質マネジメントシステム
  • 情報セキュリティ(個人情報保護含む)、知的財産権、特許
  • 人権教育、 セクハラ・パワハラ防止
  • 健康管理
  • グループコンセンサス 他

人財育成についてもっと知るEducation

Entry
エントリーをご検討の方はこちらもご覧ください。

採用情報

求める人物像や必要なスキル、
エントリー以降の流れ、面接時の評価基準など
役立つ情報をご紹介しています。

説明会動画を
ご覧いただけます
エントリーはこちら