ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

スキルバインダーの特長

要員のスキルや業務経歴を管理すると同時に、要員ごとの作業割当状況も管理

自分のチーム内、部署内の要員作業状況、スキルは当然把握していらっしゃると思います。
では、隣のチームについてはどうでしょう、大丈夫ですか?では隣の部は?

ビジネスのスピードが益々上がっている現代社会において、お客さまからの引き合いに応じ、適正な人員構成を迅速に作る。
簡単なようで「現在の作業割当状況の把握」、「要員のスキル」「スキルごとの習熟度」、「業務経歴の把握」等、さまざまな情報が必要となります、もし、自分の部下、チームで必要な人材が見つからなかった場合は?

本システムは、お客さまからの条件に応じた要員の検索、要員ごとのスキル、習熟度、業務経歴、現在の作業情報など、組織パワーの源である人材、その人材管理の「現状把握」に着目し、「迅速な人材確保による、お客さまへのすばやい回答」を目的に開発したWebベースの「人材管理システム」です。

機能その1 スキル管理機能

必要な資格やスキルを習得しているスタッフを捜したい

スキル管理機能では個々の、「学歴」「業務経歴」「保有資格」「教育の受講状況」「各種スキルの修得状況」などを管理。一人ひとりの複雑なスキルを的確に管理でき、検索機能を使うことにより、必要な資格やスキルを修得しているスタッフを簡単に捜すことができます。お客さまへの情報提供を容易にするため、EXCEL形式での技術管理票ファイルへの出力も可能です。

機能その2 管理者機能

組織や役職、権限などの管理がしたい

管理者機能は、「ユーザー管理」「組織管理」「役職管理」「権限管理」の各項目を追加・削除などを行えます。部署や役職に応じて、閲覧や書込の権限を管理できますので、機密保持に役立ちます。
また上記の項目の他に「資格管理」や表示項目のカスタマイズなどを行うことができます。

機能その3 要員管理機能

スタッフの作業状況を把握したい

要員管理機能ではスタッフの作業割当などのスケジュールを管理できます。
案件に応じたスタッフ全員の作業状況を把握できるほか、スタッフ個人の案件指示をすることもできます。

機能その4 データ一括管理

スタッフのスケジュールやスキルを把握したい

スキルバインダーのデータは本社(本部)のサーバーで一括管理でき、インターネットを通じ各営業所や国内外のスタッフなど必要に応じどこからでも、閲覧・操作を行うことができます。
これによりさまざまな場所の営業所や作業者が同じデータを共有することができ、より効率的にスタッフのスケジュールやスキルを把握することができます。

セキュリティについて

使用者の識別はユーザーIDとパスワードにて行います。
離席時の自動ログオフ等、セキュリティ面にも十分配慮しております。
また、スキルバインダーの各々の機能は、お使いになられるユーザー様に応じ、権限の拡張や制限が可能です。サーバーのセキュリティ対策はもちろんのこと、各種証明等を利用した、より高度なセキュリティに対応させることも可能(オプション)です。