ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

物品管理システムでは、特長の異なる4種類のアタッチメント(管理タグと読み取り装置)をご用意しており、さまざまな現場のご要望にお応えします。

ビーコン

  • 物品の所在を特定できる
  • 一括読み取りが可能
特許権取得済み 特許第5748921号

RFID

  • RFIDゲートで移動を検知
  • 一括読み取りが可能

カラーコード

  • 電磁波の影響がないため医療現場でも利用できる
  • 一括読み取りが可能

バーコード/QRコード

  • 一般的に広く利用されており、汎用性が高い
  • 導入コストが低い

現在位置を細かく把握

RFIDマットやゲートで物品の所在を把握、ビーコンによる位置検索で機材のある方向を確認(環境により利用状況が異なります)

RFIDマットやゲートを通過することにより、物品の移動をリアルタイムに検知します。また、ビーコンを使うことで、位置を探索できます。これらのアタッチメントを利用して、物品の不正持ち出しや紛失を防止します。

棚卸のコスト軽減、精度向上

複数の物品を一括読み取り→自動登録・更新

商品、機材、備品など業種を問わず欠かせない棚卸業務。必要だけれども頻度は高くないこの作業、できるだけ手間やコストをかけずに効率よく行いたいものです。
物品管理システムでは、iPhone、iPadのカメラで物品の情報を読み取って、検品ができます。
お手持ちの機器で簡単に精度の高い棚卸を実現します。
また、ビーコン、RFID、カラーコードを利用して、複数の物品の一括読み取りを行えば、棚卸の手間をさらに軽減できます。

お問い合わせ・資料請求

お急ぎの場合は専用ダイヤルまで 0120-66-7494 9:00~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日・当社休日は除く)