ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立システムズエンジニアリングサービス

メールフィルタ機能

WISEAudit 内部統制・情報漏えい防止・コンプライアンス・企業の社会的信用の確保が可能なメールアーカイブソリューション

高速テクノロジの採用により、キーワードの多い条件でもフィルタリング速度が低下しません。また、添付文書付きメールと通常メールを分類して並行処理を行い、レベルの軽い通常メールを優先することで処理待ちメールの増加を抑え、高速フィルタリングを実現しています。複数のキーワードを容易に設定することができ、フィルタに合致するメールの処理方法は、ポリシーで設定します。

設定

キーワード設定

多数のキーワードをキーワードグループとして1つのフィルタに設定することで、フィルタの数が無制限に増加することを防ぎ、効果的なフィルタリングを行なうことができます。

フィルタ設定

フィルタには「コンテンツタイプ」「送信メールソフト名(X-Mailer)」「添付ファイル名」「差出人」「宛先」「表題」「本文・添付ファイル内のテキスト」に対してフィルタ条件を設定することができます。
例えば、動画・画像・暗号化データや添付ファイルなどもフィルタリング対象とすることができます。また、and条件やor条件による組み合わせが行えるので、複雑な条件でも容易に設定できます。

その他、正規表現でのフィルタリングや製品内にはスパム頻出語をまとめた分野別のサンプルスパムフィルタが付属しているので、こちらを一括ダウンロードしてご利用いただくこともできます。

ポリシー設定

ポリシーにはフィルタが検出したメールのその後の処理、通知メールの送付などを指定できます。
例えば、フィルタに指定された宛先にメールが送られた場合、そのメールを転送する"転送先アドレス"を設定しておくことができます。これによって、必要な担当者に常にメールを送ることができ、業務間のコミュニケーションを図るだけでなく、情報漏洩を抑止することもできます
例)○○会社に担当者がメールを送信する際には、必ず上司にもメールが送られるようにする。

操作

保留メール・削除メールの処理

保留されたメールは管理者が内容を確認し、その後の処理を「配送」「返送」「削除」「転送」から選択できます。
削除されたメールもいったんゴミ箱に保存され、必要に応じて内容を確認することが可能です。

*
WISE Auditは株式会社日立システムズエンジニアリングサービスおよび株式会社エアーの登録商標です。

ダウンロード

お問い合わせ・資料請求

お急ぎの場合は専用ダイヤルまで 0120-66-7494 9:00~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日・当社休日は除く)